始める前に思ったFXと実際のFXは全然違った

FX体験談

始める前に思ったFXと実際のFXは全然違った
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

始める前に思ったFXと実際のFXは全然違った

2012年からFXをやっています。24時間取引ができる、レバレッジをかけられる、FXと検索をかければやられている人がいるので情報収集がしやすいところが魅力的だと思いました。私はいつでも取引できるところ、レバレッジに惹かれて始めたわけです。まず、取引時間の多さから、たくさんエントリー出来て収益が増えるだろうと思いました。

実際にやってみると、自分の意思でいくらでもエントリーできるのですが、続けていくと、利益になるようなエントリー位置はそんなに多くないことに気付いたり、見つけることの難しさを感じます。相場の怖さを知らなかった初心者のときは、細かい波を狙っていくスキャルピング目的で1日に10回エントリーすることが多かったです。

すぐ買ってすぐ売れば、負けることは少なかったのですが、ふとした拍子に自分が持ったポジションと逆の大きなろうそく足の出現で利益がすべて持っていかれました。スキャルピングはデイトレードやスイングトレードのように大きな利益は狙えずに損小利小になりやすいことがわかってましたし、それでも負ける前に逃げれば損大利小になるよりはマシだと思いました。

でも、結果は損大利小になり、損切りと利益確定のバランスが取れなくて勝てません。どうしたら勝てるのか?考えた結果、多くの利益が望めるトレンド相場で、損小利大の精神で臨むことを思いつきました。損切りは早めに、利益が乗ったときは伸ばす努力をするのです。やってみると、損が大きい結果で今まで来てるので、少しの利益でも売ってしまいたいという気持ちになるのです。

例えば20PIPSの利食い目標と定めても、たった5PIPSで売ってしまいました。その後相場は大きく伸びて、私が早く売ろうとしなければ20PIPSどころか50PIPSも望んでよかったんだという事実を知ったとき、粘れなかった自分にとても腹が立ちました。FXで確実に出来るようにしたいこととして損切りが挙げられているけど、利益を粘ることも大切な要素です。

損切りしても利益を引っ張る努力をしなかったら勝てないからです。わかっても出来ない自分に足りないのは、メンタルの弱さだと思いました。では、メンタルの弱さはどこから来てるものなのか考えたら、せっかく得た利益を吐き出してしまった経験からのトラウマです。それがあるため、利益確定を早くしないと勝てないと思い込むのです。克服するためには、ロットを最小限に落として成功体験を重ねることだと思いました。

トレンド相場で損切りを早くして利益確定を粘ったら勝てないのか思い切ってやってみることにしました。勝てないのは自分の思い込みだと気づく目的で行った結果、少しずつですが利益が増えていきました。すべて自分の思い込みで、こちらが正しいやり方だと気づいたとき、早く決済する癖がなおりました。

1
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ