FXのやり方!リスク管理を意識した資産運用

FX初心者

FXのやり方!リスク管理を意識した資産運用

FXのやり方!リスク管理を意識した資産運用

FXと聞くと、知識のない人からすれば通貨の価値が上がるか、下がるかを予想し博打的に資産を運用すると思う人が多いと思います。

しかし、実際は博打ではなくリスクの大きい資産運用であり博打ではないです。それはなぜかというと、ファンダメンタルズ分析といってチャートと呼ばれる値動きをリアルタイムに表す指標がありそれを参考にして上がるのか下がるのかを参考書で学び分析したり、過去の経験からどっちに動くのかというのを予測し買いポジション、売りポジションという通貨が上がるのか下がるかを予測し資産を運用しますのであてずっぽに2分の1だから当たるだろうでは資産が増えていかないのでギャンブルではないといえると思います。

ここまで、儲かることを前提に文章を書いていますがタイトルで上げた損切という言葉について解説していきます。

損切とは、文字通り損失が出たときに損を最小限に抑えるという意味でつかわれます。チャートを見て、通貨の価値が上がると思ったときに資本金を100万円として仮に買いポジションで入り10万通貨で取引を始めたとします。

すると、自分が予想した通りに相場が動かずマイナスがドンドン増えていってしまったときにこれ以上損失が増えてはいけない次のチャンスにつなげるということで思い切ってポジションを解消することを損切といいます。

FXにおいて損切のマイルールを作ることが大切です。例えばですが、元手が100万円だとして損失が2パーセントに達した場合損切をするといったやり方や、損小利大といって負ける時は小さく勝つときは大きくという言葉があり少しでも自分が意図しない方向へ動いた場合はスパッとポジションを解消するというやり方も存在して自分でしっかりとルールを決めて間違った投資の仕方を行えばFXを知らない人が思っているような一回で大損するということはありません。

最後に、FXを初めて行うという人におすすめの通貨はアメリカドル日本円の取引がおすすめです。他の通貨は、値動きが荒く儲かる時と損するときの額が多きくなるので初めてFXを行う人にはお勧めできません。

リスク管理を意識して取引すべきだと私は思うので、最初のうちはいっきに儲けようと考えるのではなくすこしずつおお金を増やすことを意識すべきだと思います。

損益を確定した時にお金を失うことになるリスクがFXにはあり失った場合は戻らないことを頭に入れてギャンブルのように上限一杯一杯にポジションを取らない資産の運用が大切だと思います。

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ