仮想通貨の市場規模とこれからの展望

仮想通貨

仮想通貨の市場規模とこれからの展望
メルマガ購読・解除 ID: 1210912
FXで月に5万円稼ぐ方法
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

仮想通貨の市場規模とこれからの展望

仮想通貨に興味がある人の多くは、仮想通貨の市場規模がどれくらいか知りたいでしょう。これについては、正確な数字は分からないです。まず、仮想通貨というのは誰が作ったもので、誰が管理しているのかはっきりしません。または、はっきりしないどころか不明とも言えます。

しかし、仮想通貨の取引所というのは存在していますので、そこでの数字を参考にすると、日本では約2000億円ぐらいではないかと言われています。そして、世界全体での仮想通貨の市場規模は、5兆円ぐらいと言われています。

仮想通貨を利用している多くの人は、取引所を利用しているはずですから、この市場規模の予想金額は、ある程度正確だと思われます。

それと市場規模を表す数字の一例として、時価総額というものがあります。仮想通貨の市場規模を時価総額で表すと、70兆円ぐらいと言われています。この数字は、日本のトップ企業の時価総額の3倍ぐらいあります。さらに、世界のトップ企業の時価総額と比べても、世界全体で3位ぐらいに入る時価総額となります。

この数字から言えることは、仮想通貨の市場規模は日本の市場規模を超えていて、世界でもトップクラスであることです。仮想通貨は少なくとも市場規模から見ると、無視できない存在であり、色々な可能性を秘めている存在だと言えるでしょう。


また、仮想通貨の市場規模は近年、急激に広がってきましたので、まだまだこれからも市場規模が大きくなるかもしれません。この辺りは、特に投資家には喜ばれる話でしょう。それでは、仮想通貨の市場規模とその未来と展望は明るいものなのでしょうか?

これについては、一概に未来と展望が明るいとは言えないと思われます。まず2017年には、仮想通貨の価値がすごく大きくなりましたが、2018年に入ると大暴落しました。そして、日本では仮想通貨の取引所で大きなトラブルが起こりました。

現在の仮想通貨の価値は、大暴落した直後となりますので、投資などを考えている人は、しばらく注意が必要でしょう。しかし長期的に見ると、仮想通貨は利用の自由度が高くて、市場規模も拡大してきましたから、これからも仮想通貨の利用と市場規模は、増えていくと予想できます。

仮想通貨の市場規模は短期的にみると注意が必要ですが、長期的に見ると期待が持てると言えるかもしれません。ですが、長期的に見た場合でも、仮想通貨の市場規模には不安があります。まず、仮想通貨は発行者と管理者が誰なのかはっきりしないので、その価値が安定しません。

価値が不安定なので、仮想通貨の価値の急上昇と大暴落は、おそらくこの先も繰り返される可能性が高いです。また、国によっては政府などが介入して、仮想通貨の流通などを監視したり、制限することが増えることが予想されます。

仮想通貨は魅力的なものですが、これからの展望としては注意するべき点が多いです。

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

メルマガ購読・解除 ID: 1210912
FXで月に5万円稼ぐ方法
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

月別アーカイブ