仮想通貨に対する疑念及び仮想通貨一覧表によるレート

仮想通貨

仮想通貨に対する疑念及び仮想通貨一覧表によるレート
メルマガ購読・解除 ID: 1210912
FXで月に5万円稼ぐ方法
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

仮想通貨に対する疑念及び仮想通貨一覧表によるレート

最近仮想通貨のニュ-スがTV、新聞で連日のように報道されました。仮想通貨を巡るニュ-スになんとなく「怪しい」「詐欺っぽい」「キナ臭い」などの疑いの目を向けてしまいます。

土地や証券のように正当な価値で流通すれば、新たなツ-ルとして有効だと思うのですが、現時点では正当なツ-ルとして扱うのに疑念を持ってしまいます。今回の大騒ぎをして、犠牲者をだして法整備が少しずつ進んで行くのかもしれません。

TV報道などで仮想通貨の仕組みが説明されているのを何回か見ましたが、ぼんやりとしか理解できず、仕組みがよくわからないのが現実です。私が20代の頃は、携帯電話、インタ-ネットがこんなにも普及することを想像することはできませんでした。今は仮想通貨は疑念の目でみられていますが、将来インタ-ネット、携帯電話同様に一般に普及する日がくるかもしれません。

投資には若干の興味があるので、いつかは購入したい気持ちがあります。仮想通貨一覧表でレートを見ていると、連日かなりの大きさでレートの変動があるので、精神的ストレスをためないように、余剰資金、少額、例えば一万円ぐらいからできる取引所があるみたいなので、怖い物見たさで投資してみたい気もします。

今から始めても大勝ちするチャンスがあるかもしれないので、そのチャンスを逃さないように勉強しなくてはと思ったりします。

今は、投機的、ギャンブル的に捉えられていますが、近い将来プリペイドカ-ド程度の使用には普及するかもしれません。

大手企業が仮想通貨市場に参入するニュ-スを耳にすると、この市場はビジネスチャンスと捉えているのかもしれません。

仮想通貨を使った資金調達では、事業資金を必要とする企業がネット上に計画を公表し、投資家から資金を募ります。投資家は仮想通貨を企業に払い込み、企業はドルや円などの法定通貨に交換して事業に使います。企業は投資家にデジタル証票を発行します。事業が成功すればその価値は上がり、投資家は売却益を得られる可能性があります。

従来の資金調達は、企業が投資家に株式を発行、お金を払い込んでもらいます。株主には配当金を支払います。これを仮想通貨とデジタル証票に置き換えたものと言えます。

仮想通貨はビットコインをはじめ24時間、365日動き続けるマ-ケットです。仕事を忙しくても土、日動き続ける仮想通貨なら好きな時間にいつでも取引ができます。土、日でも取引できる環境は、稼ぐことができるならば副業としてお金を増やすチャンスかもしれません。
  

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

メルマガ購読・解除 ID: 1210912
FXで月に5万円稼ぐ方法
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

月別アーカイブ